HOME > ビリケン広場

通天閣の展望台で、真っ先に迎えてくれるのが、幸運の神様「ビリケン像」。
合格祈願・縁結びなどあらゆる願いを聞いてくれる、なんでもござれの福の神なんです。
さあて、今日は何をお願いしましょうかねえ。
 
  通天閣の「ビリケン」は、5階の展望台の立派な台座にちょこんと座っています。
笑っているのか怒っているのか。不思議な表情と、愛敬あるポーズが人気で、
いつもお願いする人が絶えません。
さて、そんなビリケンさんは、実はとても謎が多い神様。
いったい、いつ、どこから通天閣にやってきたのか?
そんな「通天閣ビリケン誕生物語」をゆっくりお楽しみください。
 
 
ビリケン(BILLIKEN)は、1908年(明治41年)
アメリカの女流美術家 フローレンス・プリッツという女性アーティストが、
夢で見たユニークな神様をモデルに制作したものと伝えられています。
トンガリ頭につりあがった目という、どこかしらユーモラスな姿は、
たちまち「幸福のマスコット」「福の神」としてアメリカを始め世界中に大流行しました。
日本でも花柳界などで縁起物として愛されていました。
 
 
世界的な流行を受けて、1912年(明治45年)オープンした「新世界」の
遊園地「ルナパーク(月の園)」では、さっそく「ビリケン堂」を造りビリケンを安置。
これは大当たりし、新世界名物としてその名をとどろかせ、
ビリケン饅頭やビリケン人形などのみやげ物まで作られました。
また「福の神・ビリケン」を七福神に加え、
「八福神めぐり」なども流行したと伝えられています。
しかしビリケンは、ルナパークの閉鎖と共に行方不明になってしまいました。
 
 
オイルショックが去り、通天閣の灯が復活して新世界に
活気がよみがえった1979年〈昭和54年〉、浪速文化の拠点をめざした
「通天閣ふれあい広場(現・3階イベントホール)」ができました。
その後、1980年(昭和55年3月30日)に新世界に
馴染みの深い「ビリケン」の復活も決まりました。
しかし、資料になるべき写真が見つからず。
思案にくれている時、田村駒株式会社が版権を持っていることが判明。
田村駒さんのご好意で、同社の「ビリケン」をもとに
木彫で復元したのです。
像の彫刻は伊丹市在住の安藤新平さん。
 
 

営業案内・料金
9:00~21:00(年中無休)
※ご入場は20:30まで

交通アクセス

天望パラダイス

わくわくランド

周辺の見どころMAP

通天交響楽団

 

▲ ページの先頭へ